ゴルフ 飛距離 伸ばす

ゴルフで飛距離を伸ばすための二つの要素

ゴルフの持つ大きな魅力の一つがボールを遠くに飛ばすことです。飛距離をあげたいからと言って、力まかせにクラブを振り回してもボールは飛びません。姿勢を正しく、クラブで、円を描くように打ってこそ、クラブの特性を引き出せるのです。

 

と言ってしまえば簡単ですが、この単純な行為が意外に難しくて思うように出来ないのがゴルフなのです。だからゴルフは、面白いのです。

 

ドライバーの飛距離が、年を取ったので落ちてきた、と嘆いている人は多いのは確かです。その為飛距離アップを目指して練習を重ねている人、これまでの延長での練習では、スコアアップにつながりません。練習方法を変えてみましょう。飛距離を伸ばすための練習方法があるのです。

 

飛距離をあげるための二つの鉄則を知ろう

ボールを遠くに飛ばすのは、現在の体力、技術でも十分できることを知ってください。飛距離アップの練習は、二つの鉄則を認識して行えば、一段とその成果を上げられます。それは、クラブのヘッドスピードを上げることと、適切なインパクトを心がけることです。

 

この二つが適確に出来れば、ボールは黙っていても遠くに飛びます。

ヘッドスピードを上げるには

ゴルフスイングは、円運動なので、体の回転スピードを上げることがポイントになります。したがって、体の回転で得られた力を、効率よくスムーズに、クラブヘッドに伝えることが重要になり、同じスイングのスピードならば、スイングアークが大きければ大きいほどヘッドが遠回りするため、ヘッドスピードがたまると言うことです。

 

中高年での飛距離アップの秘訣は、手でスピードを出そうとしないで、体の向き変えを生かして振ることが重要のポイントと言えましょう。

適切なインパクトとは

ターゲットラインに対して、きちんと直角にクラブフェースが当たると言うことが重要なポイントであることは言うまでもありません。いくらヘッドスピードが上がり、打ち出し速度が高まっても、左右にぶれては何の意味もなく、その点を修正しながら練習する事が、肝心と言えそうです。

 

そしてもう一つ重要なことは、クラブヘッドの入射角度です。適切にクラブフェースが、ボールを捉えることが大切と言えましょう。

 

飛距離アップの練習において重要なことは、ヘッドスピードを高め、インパクトの精度を向上させること、この二つを意識して練習すれば、現在の体力、技術のままで、飛距離の20~30ヤード伸ばすことは、十分可能と言えましょう。

 

力がなくても飛距離がでるシニア層に人気の高反発ゴルフドライバー

関連ページ

飛距離が伸びるゴルフボディをつくろう
飛距離が伸びない理由は、筋力がないから飛ばない、筋力はあるのに飛ばない、柔軟性がないから飛ばない、バランス力がないから飛ばないなど、人によって違います。「ゴルフにとって筋力はそれほど必要としない」とよく言われていますのは確かです。
年を取ってからでもゴルフの飛距離アップが出るコツ
人間加齢とともに、身体能力は、衰えていきます。これは自然の法則と言えましょう。ゴルフがスポーツである以上、それは避けて通れない関門です。ピークを超え、さらに年を重ねて行けば、飛距離が落ち、当然スコアは、下がっていきます。決して恥ずかしい事ではありません。
ゴルフで飛距離を出す体重移動の基本は意識しないこと
飛距離を出すには、スイングは勿論ですが、スムーズな体重移動は不可欠な要素です。この体重移動については、なかなか難しいテクニックで、うまく行うのには、膝の運びをしっかり覚えることが重要な要素となります。
ゴルフのシャフトはスウィングタイプで硬めを
ゴルフのシャフト硬さは、硬い方から言いますと、X(エクストラ)、S(スティッフ)、R(レギュラー)L(レディース)に分けられています。硬いシャフトは、一般的に、プロのプレーヤーや上級者が使っています。
ゴルフで一番飛距離を出すクラブドライバーは自分に合ったものを
ゴルフをラウンドする時、ティーアップしたボールを、ウッドの1番、ドライバーで打つ感触、それがジャストキミートし、ナイスショットの声がかかった時は、実に気分のいいものです。こうした経験はゴルファーなら多いでしょう。
ゴルフボールは自分のヘッドスピードに合ったものを
ゴルフボールの大きさは、英国のゴルフ協会で、規定されているものを使いますが、国内で売られているボールであれば、その規定に沿ったもので問題ありません。ゴルフをプレーする場合、ボールは自分にあったボールを選ぶことが大切です。
ゴルフのヘッドスピードアップには体全体を使ったバランスが大切
ゴルファーの永遠のテーマは、飛ばすことと言っていいでしょう。そのためには、ヘッドスピードを上げることが不可欠な要素と言えましょう。このヘッドスピードアップに大切なことは、体全体を使ったスイングをすることを心がけることで、ヘッドスピードを上げるには三つのコツがあります。
ゴルフドライバーはバックスピン量が少ないほど飛ぶのか
バックススピンとは、ボールにかかる後ろ向きの回転のことです。このバックスピンがかかるとこによって、ボールが空中で、浮かび上がったり、グリーンに落ちたボールがすぐに止まったりします。
ゴルフは身体のひねりをうまく使えばボールは上がり飛距離も出る
ドライバーのスイングにおいて、体のひねりは特に重要となります。ドライバーシットの際、体の硬い人は、スタンスをクローズにすると、ひねりが大きくなります。昔チ・チ・ロドリゲスという小柄なツアープロがいました。

トップページ ゴルフ飛距離アップ方法 ゴルフ基礎知識 ゴルフ上達方法 ゴルフマメ知識