ゴルフ 基礎知識

ゴルフスイングの理想形は均一性

これからゴルフを始めようという方に、極端な言い方ですが「応用力を備えたゴルフ・ロボット」を目指すことがスイングの基礎だと断言しましょう。さぁ、それってどんな意味なんでしょう?

 

ルフスイングの究極の理想に<均一性>があります。どのクラブでも同じリズム、同じスピード、同じスイングプレーンができればゴルフは簡単なゲームでしょう。

 

そんなわけで「ゴルフ・ロボット」という例が出てきました。人間の難しいところはロボットのようになれないところです。ミスの大半はスイングがその都度バラバラであるために引き起こされます。どのクラブでも、どのような状況下であっても、できるだけ同じスイング・ブレーンが保たれればあなたが描いたイメージの弾道は何度でも打てます。

 

常に一定したスイングって?

ゴルフを始めたばかりの方が意外と気づきにくいのが一定したスイングということです。世界のトッププロたちはどのクラブでも、同じリズム、同じタイミング、同じフォームを崩すことなくボールをヒットしています。機械でできたロボットは均一したスイングしかできません。だから放たれたボールは何度でも同じ弾道を描きます。

 

世界のトッププロはその差がほんの少しだけ、アマチュアのトップクラスはそれよりちょっとズレていて初心者は全くバラバラというのがゴルフスイングです。それがほとんどそのままミス率に繋がりスコアになります。

 

初心者にとってこれは大ヒントではありませんか?スイングの均一性が身についけばグングン上達するということになりますからね。

 

なぜその都度スイングは変わってしまうのか?

大別して二つのことがいえます。一つはその都度のショットの環境が違うからです。実際のコースではクラブごとの長さやライ角(地面とシャフトの中心線が作る角度)が違うこと、ボールの置かれた状況(ライ)も足場の凹凸と平坦さなどさまざまだからです。

 

ゴルフのクラブは14本と決められています。一番長いドライバーではボールを遠い位置におきますしティを使います。ウッドクラブ、ユーティリティやアイアンはそれぞれボールとの距離もスタンスの向きも変わってきます。

 

アプローチクラブもバンカーで使うサンドウエッジもスイングのアドレス条件が異なります。そのため体の使い方やスイングリズムは頭の中では理解していても、つい早くなったり遅くなったりしてミスを招きます。

 

二つ目は精神的なプレッシャーの影響です。ゴルフは自然がいっぱい、景観も環境も素晴らしいものがあります。しかし、時としてその自然がプレーヤーの大きな障害となります。

 

例えば「風」などは良い例です。風も強くなるとプレーヤーに不安感とボールの行方の予測を求めてきます。同じようにボールの行く手で邪魔になる障害物や池などは、知らなければいけない情報であっても目から飛び込み脳細胞に伝わって精神的圧力(プレッシャー)に姿を変えます。

 

情報は体各部の筋肉を硬化させ力みに変化してプレーヤーのスイングリズムを狂わせ、結果的にミート率を下げミスを誘発させます。

 

状況判断、応用能力を備えたゴルフ・ロボットにな〜れ

ロボットのように安定したスイングに状況判断の応用力が加われば鬼に金棒です。ゴルフコースと練習場の違いは何でしょう。何度でも同じクラブで平らなスタンス、生芝が生えていない環境があります。

 

しかし、実際のコースでは左足上がりや下がり、つま先上がりとか下がり、ベアグランドや深いラフなど非常に複雑です。どんな状況でもロボットのように同じリズム、同じ振り方が理想的なスイングといえます。

 

「スイングとストローク」の違いってナニ?

通常、スイングというと単にゴルフクラブを構えた場所(アドレス)からクラブを振り切ったフィニッシュまでをさすことがほとんどです。

 

ゴルフルールブックに書かれた「スイングの定義」は以下の通りです。ビギナーのうちにこういった基本の規則は知っておく方が得です。

 

「ストローク」はルール上の定義に『球を打つ意志を持ってクラブを前方へ動かす動作』とあります。   まずボールのある位置でクラブを構えたアドレスに始まり、テイクバックしてトップの位置まで持ってくることは「バックスイング」であり、ストロークにはなりません。

 

微妙な言い回しに聞こえるかもしれませんが、この定義はスコアをカウントするときに大きな意味を持っています。

 

力がなくても飛距離がでる人気の高反発ゴルフドライバーランキング!


トップページ ゴルフ飛距離アップ方法 ゴルフ基礎知識 ゴルフ上達方法 ゴルフマメ知識