ゴルフ 基礎知識

ゴルフクラブのシャフトには意味があります

ゴルフのシャフトは弾道に大きく関係します。自分に最適なシャフトを見つけることも上達の助けになります。シャフトがスコアのすべてに関係しているわけではありませんが、自分に合っているシャフトならボールの飛び方が変わってくることを実感するでしょう。逆に合わないシャフトでは実力通りのボールは打てず、何%かのロスが出ます。

 

ゴルフクラブは大きく分けてヘッド、シャフト、グリップとなりますがシャフトが一番の重責を担っているというプロもいます。

 

シャフトが自分にフィットしているかどうか、どのように決められるのでしょうか?感覚的な側面もありますが、様々な要素を加味したものになります。シャフトやクラブの進化は今も止まりません。やはりいつの時代もギアに関する関心を持つことも大事なことです。

 

価格の高いクラブがいいのか?

シャフト(クラブ)の価格はピンからキリまで、市場にもショップにも驚くくらいの種類で溢れています。特に最近はカラフルであり、その性能は細分化、専門化されていて、昔と違う細かいフィッティングが可能になりました。これはゴルファーにとってはとても助かることです。

 

さて、一概に言えませんが値段の高いクラブは上級者用、比較的安いのは初心者用という分け方をしてもいいでしょう。

 

ざっくり言って、高いクラブはスペックも高度なものになり初心者が使いこなすとなると難しくなります。シャフト選びはプレーヤー個人のハンデ、キャリア、スイングタイプ、体力などを考慮することを薦めます。

 

ビギナーのうちは個人データがないため、まだ自分にどういうシャフトが合っているかどうかはすぐに計れません。当初はショップの計器で試打をして出た数値を参考にしたほうがいいでしょう。およその目安にはなります。

 

ゴルフは経験を重ねていくうちに徐々に上達するわけで、腕前が上がっていくごとに細かいデータをとって古いクラブと交換していくという方法がベターです。

 

シャフト選びのポイントはここだ

シャフトのスペックは大きく分けて、硬さ、重さ、長さ、バランス、キックポイントなどがあります。結果的にそのプレーヤーに合った”しなり感”を求めるときに大事な数字です。最低限チェックすべきは、@硬さ(X、S、Rなど)、Aバランス、Bキックポイント(しなりの調子)です。Bのしなりのポイントは大きく分けて手元調子、中調子、先調子などがあります。

 

クラブのシャフトを変えることで、アプローチクラブなどを除き、飛距離的に5%〜10%くらいの変化は出ます。

 

前項でスイングタイプと書きましたが、それはシャフト選びで大変大事な要素になります。
@初心者のため、トップでためを作る要領がよく呑み込めていないタイプ。ミート率も低い。
Aトップでためをあえて作らないタイプ。全体的にゆっくり振るタイプで切り返しも遅い。
Bトップの切り返しが早く、しっかりとしたタメを作るタイプ
Cいわゆるスインガータイプで、ある程度トップでタメを作れるのでスイングに安定感がある。

 

それぞれにシャフト選びの参考になることばかりです。

 

リシャフトの効果はありますか?

ゴルフをするとプレーヤーがそのシャフトを使ってみて、思うような弾道が出なかったり飛距離がもっと欲しいなどという要求は常にでてくるところです。

 

リシャフトというのはより自分のスイングにシンクロしてくれるシャフトのことで、いわば自分のスイングパワーを無駄なく十分にボールに伝えられるシャフト交換のことです。クラブヘッドは変えたくないけれどシャフトは替えたいとか、そのほうが価格的に経済的になったりするケースは多々あります。

 

実際、リシャフトは前記のようなスイングタイプを数値的に計測して選ぶためその成功率は高く、思ったより飛距離が伸びたとか曲がり幅が小さくなったという評価は良く耳にする話です。

 

力がなくても飛距離がでる人気の高反発ゴルフドライバーランキング!


トップページ ゴルフ飛距離アップ方法 ゴルフ基礎知識 ゴルフ上達方法 ゴルフマメ知識