ゴルフ 基礎知識

スライスは初心者への洗礼、でも直せます

スライスは初心者のほとんどが通過する関所のようなものです。原因を理解し克服すれば次のステージに行けます。ポイントはナゼ右に曲がるのかという理屈を知れば、比較的容易に卒業できるものです。

 

まず、スライスとはなにか?から始めましょう。俗にいうスライスとは打ちだされたボールが大きな右カーブを描きながら飛んでいく弾道を称します。
(注・スライスとかフックというのは和製英語で、正式なゴルフ用語ではないため海外では通じません)

 

初心者の時ティグラウンドに立ち、右にOBや池があるときスライサーはとても憂鬱な気分になります。どうしても右に飛び出さないように意識して打てば打つほど右に逸れていく、あぁ、なんて残酷なことになるんだろう…、という思いを皆さん味わってきているはずです。

 

いや、かなりベテランになってからもこのスライス病に悩まされる方もいるので、このスライス病は早めに解決させなければいけません。

 

スライスの原因と向き合う

問題はなぜ右に回るのかという点で、そこに克服のヒントもあるはずです。丸い物体が右にカーブするのは右方向への物理的回転運動を与えているからです。そして左に曲がるボールを打つようにすれば中和されるということにも着目しましょう。

 

ちなみにトップアマやプロたちはその原理をうまく利用してコース攻略します。意図的に曲げるボールをインテンショナルといいます。右にOBがあれば右へ打ち出してフック(左に曲がるボール)を打ち、左OBならその逆をやります。初心者に多い例は、右OBを避けて左を向くのでますます右に切れるボールになるというところです。

 

スライスが出る打ち方例

細かく書くといろいろあります。ざっくり書くと3点に絞られます。

 

@インパクトの瞬間、クラブフェースが開いてしまうか最初から開いて降りてきています。
※開くというのは右打ちの方ならフェースがほんの少し狙った方向より右を向くことです。

 

Aバックスイングがアウトサイドに押し出されて。そこからインサイドに切れ込んでくるからカットスイングになってしまいます。

 

Bトップからインサイドを通ってクラブが入っても、フェースが開いているとスライスの度合いは激しく、右に押し出したボールが右に曲がるのでミスの程度が大きくなります。プッシュアウト・スライスのことです。

 

スライスのほとんどは「こすり玉」といわれます。開いたフェースでボールの野球でいうインコース(プレーヤーの体側)をこすっていくからです。このボールは距離も出ない弱いボールで、風にも抵抗力を持っていません。

 

さぁ、ではどうする?

ひとつはグリップの矯正があります。プロがスライスなど打ち分けるときに使うのがウイークグリップです。

 

ウイークグリップはアドレスの時に自分のグリップを見たとき、右手は左手に大きくかぶっている状態です。両手の親指と人差し指で作る「Vの字」が、シャフトの中心線より左にずれている握り方です。握った時見える4つのナックルがほとんど全部見えるほど左に寄ります。

 

この場合は左手と右手をセット(その握りのまま)で、シャフトの丸みに沿って右に回します。この時、クラブを握ったまま右に移動しても意味はありません。クラブのセンターラインをそのままにして、クラブを握らずにグリップだけずらしましょう。

 

グリップを握る力を抜いてインサイドから降り抜くために右ひじは突き出さず、わき腹に触るように引きます。テイクバックは低めでインサイドに引くことだけ考えます。グリップの矯正だけでもかなり曲がり幅は少なくなります。

 

先ほど説明したように、スライス打ちの人はフックやドローボール(左回転のボール)を打つ打法で中和することができます。その打ち方を具体的に述べると、できるだけクラブをインサイドから打ち抜くイメージが必要です。

 

理想的なインパクトの瞬間は、クラブフェースが飛球線に対し、0度(フェースが飛球線方向と直角)から3度くらいの範囲でクラブはボールに接触します。

 

問題は、そこから右手に左手が被さるような手首の返しと、フォロースルーで左の肘が地面方向を指すように腕を折りたためばボールは必ず左回転になり、通常の場合はドローボールとなり、スライサーにとってはストレート系かややフェードボールのような弾道に変化するはずです。

 

前述のインパクトの瞬間からフォロースルーにかけて手首を返す、「右手に左手が被さる…」と書きましたが、その表現を南アフリカの名プレーヤーであるアーニー・エルスがこう比喩したことを思いだしました。『右手が左手を追い越す感じ』と、実にうまい表現ですね。

 

力がなくても飛距離がでる人気の高反発ゴルフドライバーランキング!


トップページ ゴルフ飛距離アップ方法 ゴルフ基礎知識 ゴルフ上達方法 ゴルフマメ知識